お知らせ/INFORMAZIONI

2009年10月26日 (月)

佐野ルネッサンス鋳金展

先週末から天明鋳物(てんみょういもの)のふるさと、栃木県佐野で『第5回佐野ルネッサンス鋳金展』(~11/8)が始まりました。

伝統工芸界の超ベテランから学生まで、全国各地より出品された作品の数は約100点。

様々な金属素材と鋳造技法が駆使された力作が一堂に会し、国内で唯一の「鋳金による作品のみ」のコンペティションとして、充分見応えのある展覧会となっています。

そして今回、この鋳金展にカナダ人アーティストのマイケル・グラハム氏と私がコラボした応募作品(『見張り番』 )が見事、第1部門に入選!

初日に開かれた表彰式&出品者懇親会に、パートナーのグラハム氏と一緒に出席して来ました・・。

P1030725_2

「鋳金」とは、「原型から鋳型作り~鋳湯~仕上げ~着色の全工程を1人で一貫制作することであって、 「鋳造」とは似て非なるもの」 という観念を以前から私は抱いていました。

それ故に、「鋳金」=(イコール)「孤高」のイメージが強く、どことなく自分からは距離を置いていたというのが正直なところです。

しかしながら、改めて辞書などを見てみると、いずれも「鋳金」とは、「金属を鋳型に流し込み、所望のカタチを作ること。=鋳造。鋳物。」 などと記されています。

また、作り手について1人でも、2人でも、或いはグループでも、誰がやろうが規定はありません。

そうであれば、自分ひとりでは無理でも、複数の人間がそれぞれの個性や技術を活かし、一つの作品に融合させることで、1人の場合とは異なる新たな展開や可能性がきっと拡がるはず・・!

そんな思いから、今回の試み(共同制作による応募=鋳金展に対する私なりの、鋳造家としてのアプローチ)となりました。

そして、マイケルのように個性豊かで、優れた才能を秘めたアーティストの方と一緒に仕事(お手伝い)をさせて頂いた結果、一定の評価が与えられたということは何にもましてHAPPYなこと・・

今後もアルテキャストでは一人でも多くのパートナーの為に、結果を出せる仕事を提供し続けて参りたいと思っています。。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

日本国中、世界中のアーティスト(自称他称、ジャンルを問わず!)のみなさんへ!

あなたも「ブロンズ」という素材を使って、「何か面白そうなもの!」を一緒に創ってみませんか?

  To artists, let's create exciting bronze works with ArteCast, and conquer all over the world !

世の中デフレな今だからこそ、たくさん作品を作っておいて、景気が回復した時に売る!

そんな発想も大いにあり!ですよね・・。

ご相談、どんな事でもお伺い致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

メールアドレス: s-bronzo@nifty.com

(2009/10/26)

2009年3月22日 (日)

だるまストーブ

P10006871

鋳鉄製: 

数年前まで工房で使用していた、だるまストーブ(↑)。

中古ですが欲しい方がいらっしゃいましたら、お譲りします。

(ただし、ブロンズ彫刻に興味をお持ちの方で、直接工房まで引き取りに来られる方に限定させて戴きます・・。)

ちょっと広めのアトリエ作業場の暖房に、或いは別荘の暖炉代わりにも最適!

それほど古くもなく、傷みや不具合は一切ありません。

他に煙突が必要ですが、設置場所に合わせてご自身でご用意下さい(大型ホームセンターなどで手に入ります)。

お申し込み・お問い合わせは、

s-bronzo@nifty,com

(2009/3/22)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ